尚立株式会社について    研究開発策略

研究開発策略

新技術の開発サービスモデルの推進:
技術開発は『画像処理』を核心とし、また、オプトエレクトロニクス製品をプラットフォームとする。お客様に外観、構造、ソフトウェア、ハードウェア、ファームウェア等の総合解決方案とワンストップショッピングをご提供致します。電子部品代理を中心としたビジネスモデルサービスを技術マーケティングモデルサービスにチェーンさせる。ただ単品商品の販売会社ではなく、研究開発、応用とソリューション提供等で他社との差異性をアピール出来ます。そして、顧客との関係をより一層深め、更に高度な付加価値を新たに作ります。特殊なノウ・ハウ、商品技術及びサービスで、ライバルをリードします。
 

明確な技術開発の主軸:
半導体製品販売代理を中心とし、画像処理は技術核心とし、またインプット、アウトプット、保存、伝送製品はプラットフォームとします。各製品ラインの斬新な応用及び総合研究開発、取扱うパーツのそれぞれの属性と応用により、多様な商品組合せを提供し、お客様の商品企画や技術サポートで、商品の研究開発と市場導入時間を短縮する事が出来ます。技術展開は商品とマーケティング策略により、スマート監視制御と映像音響等の応用領域に進み、映像音響マルチメディア統合、組込み式システム、有線と無線のネットワーク、ソフトウェアとシステム統合の上で、数多くの商品を開発します。そして、いくつかの策略性パートナーと共同で、各種の商品の応用、研究開発と市場の普及に繋がります。

 
市場動向の技術開発モデル:
消費者、使用者の生活利便性により、市場動向とお客様のニーズ、会社の経営政策と目標を統合し、継続的に新たな研究開発を行います。商品開発はスマートデジタル制御とマルチメディアを中心に、それぞれの機能商品を開発します。お客様はメイン、サプライヤーはサブで、コスト合理化を目標とします。標準化研究開発作業工程を運用する事により、作業速度や効率が上げられます。また、継続的に新たな工程設計の中で、相応しいデータを駆使し商品を開発します。開発成功の後、業務、生産、技術推進、顧客ニーズ等を統合します。