尚立株式会社について    会社概要

会社概要

尚立は、1985年創立以来、『電子産業の完全なサプライチェーン』を提供する事は、我が社にとって、最高の主旨であります。

長年に渡り、多くのお客様のご愛顧とご支持を賜り、今では、技術的なマーケティング主導の専門会社にまで至る事ができ、長期に渡る取引メーカーとして、Sony、Sharp...等の大手企業が挙げられます。

商品は小さな半導体、ソリューション提案やモジュール、システムから大きな工場自動化設備まで、数多くの系列商品をラインナップしています。産業界やお客様に多元化、多様化及び垂直と水平を統合した完全なサプライチェーンをご提供致します。

「専門、統合、奉仕、賛同を経営政策の下において、お客様に満足して頂くことは、企業経営の最大の目標だと確信しております。サービス内容においては、お客様のニーズに応えなければ、長期経営の理念が実現出来ません。また、今ではISOが最良の品質認定基準として、業界から認められています。尚立は1997年にDNVISO 9002の認証を取得し、更に1999年DNVISO 9001の認証も取得いたしました。これからも、お客様により良い専門的な品質サービスをご提供させていただく、所存でございます。

尚立は「画像処理」を技術開発核心とし、また、オプトエレクトロニクス製品を技術開発プラットフォームとします。
代理店にとっては、競争の激しい半導体、電子パーツ市場での「薄利」が呪いのように脱け出せない状態で、私達は以前から、いかに難しい価格競争や単純な流通販売モデルから脱け出す事を努力の目標としています。技術主導の下で、「技術マーケティング」を立ち上げました。それにより、流通マーケティングプラットフォームを有効に活用する事により、薄利経営モデルを脱します。「技術マーケティング」とは、完全なマーケティング構築の提供であり、横軸の水平配置はそれぞれの重要なパーツの獲得と強化で、縦軸の垂直配置は技術の向上と応用を継続的に展開します。

私達は「画像処理」を技術開発の核心とし、また、オプトエレクトロニクス製品を技術開発プラットフォームとします。商品研究開発はイメージキャプチャーのCCD、CMOSアナログ、高画素のデジタル(HD)スマートビデオカメラ、画像保存のブルーレイ、H.264 IP-セットトップボックス、IP-スマートTVボックス、高画素の画像(HD)スマートディスプレイ、インターンネットTVから画像通信のWi-Fi、RF及び3GPPまでの伝送分野がこうした考えで異なる商品と応用を商品化させます。


マーケティング業務は技術サービスで付加価値を上げ、商品はマーケティングを通じて、売上げを伸ばす事により、技術マーケティング活動がより広く、相乗効果が得られて、更に業務が一層広げられます。中華圏及び東南アジアの好調な電子産業に対し、私達は香港、深圳、昆山、アモイ、とシンガポール等に技術とマーケティングの拠点を設立しました。また、将来は市場開拓のため、他の地域にも拠点を開設します。将来の発展計画と中長期目標については、幅広い電子製品を提供すると同時に既存事業の基で、更なる成長をしながら、業界のリーダ的地位を保ちます。絶えずに創造と積極的な市場開拓は尚立の永遠の課題であり、またお客様に多様な商品及び細かなサービスを提供するのは尚立の永遠の努力目標をお客様にお約束いたします。