ニュースセンター     製品情報

製品情報

HiSilicon AI 8K H.265 SoCエンコードソリューション 2018-09-19

ここ数年、人工知能は業界だけでなく、我々の日常生活の中でもポピュラーな話題となっています。如何にAIを最大限に利用して、我々の仕事を改善するのか。HiSiliconが新しく発表したHi3559Aとは、まさに視覚捕捉の応用における、人工知能を利用する第一歩となります。

Hi3559Aは拡張可能な計算構造とスマート視覚化プラットフォーム(SVP)に基づいて、ハイパフォーマンスな異種構造計算プラットフォームにおいて、数万億回の操作につうじて、高性能な視覚処理に対応する事ができます。視覚DSPとIVEに通じて、スタンダートやカスタマイズ機能を加速する事ができます。SVPのキーモジュールとして、HiSiliconのxNNIEエンジンは他の製品より優れており、我々の専用ハードウェアによってディープラーニングニューロネットワークをサポート・加速させる事ができます。xNNIEエンジンを使用する事で、Hi3559Aの中で物件の分類(移動中の車両、静止中の車両、歩行者の検知)や属性の識別(車両の種類、色、ナンバープレートの識別)などのユーザーアプリケーションを簡単に実現する事ができます。
メリット

1、継ぎ足しパノラマカメラの開発方向(水平、半球体、球体映像の継ぎ足しに対応)
ハイパフォーマンスな内部継ぎ足しパノラマ/VRの映像収集設備製品のソリューションを提供し、設備メーカーにコストパフォーマンスの極めて高い選択肢を提供する事ができます。

2、人工知能設備の開発方向
現在の映像圧縮チップが更なる開発を果たす為の障害である演算力ネックの問題、高い解像度の分析、高速なデータ交換、高コストを解決する事ができます。

3、ディープラーニングアルゴリズム方面について
NNIEニューロネットワーク加速処理のハードウェアユニットに対応し、現在主なライバルはNVDIAのTX1となります。HiSiliconのセキュリティ方面の経験により、当ソリューションの映像収集とエンコードはより優れた競争力を有しています。

製品に関する更なる情報をお求めの場合は、本社の製品責任者までご連絡ください。

このページのトップへ
  前のページ SONY Square sensorの紹介(2018-09-20)
  次のページ SONY Automotive CMOS sensor IMX390CQV(2018-08-08)