ニュースセンター     製品情報

製品情報

尚立社が提供するEloタッチ操作ソリューション 2018-10-18

尚立社が提供するElo電気抵抗式、静電容量式、表面弾性波式ソリューションは、ほとんどのデバイスの需要を満たす事ができます。ただ、特定の応用に対して、どのソリューションが一番安定、一番スマートで、一番安全なのか、製品自体の信頼性はEloの専門的なカスタマイズと合わせて、ユーザーの其々の環境がもたらす干渉に対応する必要があります。

工業、自動車、医療デバイスからスマートフォン、タブレットPCなど、日常な消費的な電子製品の応用と各種技術から全て、タッチパネルの足跡を見つける事ができます。タッチパネルの技術がここまで早く普及した主な原因は、デバイスの使用体験を手軽に向上させ、メーカーに従来なスイッチ操作からずっと魅力的なタッチ操作へ乗り換えらせる点にあります。

製品の外見からタッチ操作技術を見ると、デバイスの機械部品のパーツ数を緩和させ、装置全体の寿命を延ばして製品の外見を簡略化・美化させる効果があります。これらの特徴の組み合わせは正しく設計・校正・制御して安定させさえすれば、製品の魅力を倍増させる事ができます。

タッチ操作の技術は、タッチ方式のキーボードとスライドバーにも幅広く応用されており、特に消費的・商業的・工業的な応用には極めて普及されているが、最も一般的な目標はやはり、モニターによるタッチ操作にあります。ただし、製品の安定性と素早いレスポンス、低ロスト率を兼ね備えたセンサーを如何に設計すべきか、また、もはやマーケットの普遍的な要求とも言えるノイズの多い環境の中での安定的な作動、これは依然として多くのエンジニアにとって難易度の高いタスクと言えます。

現在、尚立社はElo(電気抵抗式/静電容量式/表面弾性波式)と言う三つの主流的なタッチ操作ソリューションとOGAモジュール製品を提供して、其々のフィールドに対応させています。

色んな媒質を利用してタッチ操作を実現-電気抵抗式


マルチポイントのタッチ操作-投射式静電容量式


 

高い安定性―表面弾性波式


スマートディスプレイ-OGAタッチ操作式モニター


更なる製品情報をお求めの場合は、本社の製品責任者までご連絡ください。

このページのトップへ
  前のページ SONYがIMX418イメージっセンサーを発表、世界初となる複数のイメージセンサーを1つのMIPI入力ポートへ接続させる事のできるCMOSイメージセンサー(2018-11-14)
  次のページ SONY Quad bayer sensorの紹介(2018-10-17)